大黒天の夢を見たいが・・・。

大黒天様の夢が見たくて、寝る前に大黒天様のイメージをしながら寝たが、大黒天様の夢は見れなかった。

今日寝るときも試してみる。

何度か夜中に目を覚ましたので、その都度試したがダメだった。

なかなか明晰夢を見るのは難しいのかもしれない。

潜在意識に働きかけるわけだけど、簡単に寝てる時の潜在意識にまで届くわけではないのだろう。

ただ、続けてみないとわからない。

できるようになるかもしれない。

南無大黒福壽尊天

継続してみよう。

大黒天信仰

豊臣秀吉の三面大黒天信仰は有名だけど、徳川家康も大黒天信仰あったんだなとわかった。

当時、福の神の要素より戦いの神としての要素が高かった大黒天の夢を見て縁起が良いとシダの兜を作ったらしい。

歴代将軍が後を継いだ時にあの大黒頭巾の兜を被るシーンを大河ドラマで見たことがある。

あとは偶然なのか、関ヶ原の合戦前に徳川家康が戦勝祈願をした神田明神品川神社も大黒天の石像が建っている。

大黒天は戦いの神としての御利益が一番強いのかもしれない。

武将と信仰というのを調べると面白い。

源義経上杉謙信毘沙門天楠木正成は摩利支天、源頼朝足利尊氏徳川家康八幡神信仰。

当時は今よりも厳しい時代だからな。

戦で負けたら滅ぼされるわけだし。

武将達が信心深かったのも納得する。

10年

会社はこの10年で大きく変わった。

いつの間にか周囲は高学歴しかいなくなった。

僕のような現場上がりの非エリートは自然淘汰されていったみたいだ。

気づいたら本社のなかでは少数派の非エリート層に入ってしまった。

さて、ここからどう生き残るかだ。

やはり、頭のよさが違う。

勉強以外の適性能力で勝負するしかない。

若い頃は閉塞感から、組織が変わることを望み、今の形になることを支持した側だった。

殆どの社員が旧態依然の組織を望んだ。

自分が支持した組織が自分を淘汰しようとしている。

皮肉なものだ。

南無観世音菩薩 念彼観音力

南無大黒福壽尊天 南無八幡大菩薩
南無鹿嶋大明神 南無摩利支尊天

こうなれば、弱小勢力だが、生き残るしかない。

とりあえず、ここからまずは10年全力で戦ってみる。

10年経って自分がどのポジションにいるかで、その先をまた考えないといけない。

それにしても来年で勤続20年か。

よく同じ会社に20年もいたものだ。

10年後は家庭も一人になっている可能性が高い。

三面大黒天の持仏に10年後の自分が福徳に満ちていることを切に祈ることにする。

映画を観に行った

昨日は夕方に「冴えない彼女の育て方fine」という映画を観に行った。

今年の春くらいにテレビで再放送してた作品でたまたま見たらハマったアニメ。

映画館の会場はほぼ100%男性で「オタクアニメだな~」と感じた。

映画館に入るときに特典ももらった。

f:id:mikazukitantan:20191111064112j:plain

主人公があり得ないくらいモテていて、自らをキモオタと言っているけど、とんでもないリア充な少年のストーリー。

まあ、それがまた面白いのだけど。

映画を見終わったら、急に明日からまた仕事かと現実に引き戻された。

f:id:mikazukitantan:20191111064645j:plain

大祭

今日は一年に一度のゐのこ大祭があった。

f:id:mikazukitantan:20191110201419j:plain

摩利支天様は自分が守護神と信じる神様、大祭に参加できてよかった。

f:id:mikazukitantan:20191110201601j:plain

御利益が凄いと評判のせいか、めちゃくちゃ混んでいた。(^_^;)

大祭が終わって御札と黄飯をいただいた。

f:id:mikazukitantan:20191110201816j:plain

ここから運が拓けてくる。

そう感じた。

話し合い

組合の役員として会社側と話し合いをした。

相変わらず、煙に巻くような回答ばかりだった。

もっと鍛練を積んで、良い交渉ができるようにしないといけない。

相手には自分達が絶対的に有利という油断は必ずある。

だから、そこを突くのである。

侮られていた方が良い。

遊びを取り入れる

人生にゲーム性を取り入れる。

真面目に努力してきたが、普通にやってても限界がある。

子供の頃にゲームにのめり込んだことがあるが、あの感覚を取り入れたい。

いい大人が遊びを取り入れるとかおかしいかもしれないが、誰にもみられるわけではない。

だから、ノートやスマホを使ってゲーム性を人生に取り入れていく。

資格取得も仕事も減量も武将の稽古も、あらゆる部分に遊べるゲーム性を取り入れていく。